コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌倉宮 かまくらぐう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鎌倉宮
かまくらぐう

鎌倉市二階堂にある後醍醐天皇の第3皇子大塔宮護良親王 (もりながしんのう) を祀る神社。明治2 (1869) 年明治天皇の勅命により創建された。旧官幣中社。護良親王は北条氏追討に活躍し,建武新政権では征夷大将軍となったが,足利尊氏と対立し,その讒訴によって建武1 (1334) 年鎌倉東光寺の土牢に幽閉され,翌2年,中先代の乱 (なかせんだいのらん) の際,足利直義によって殺された。その土牢跡に創建されたのが鎌倉宮である。例祭8月 20日。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かまくら‐ぐう【鎌倉宮】

神奈川県鎌倉市二階堂にある神社。旧官幣中社。祭神護良(もりなが)親王。明治2年(1869)親王薨去(こうきょ)の地に創建。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

鎌倉宮【かまくらぐう】

神奈川県鎌倉市二階堂に鎮座。旧官幣中社。大塔宮とも。後醍醐天皇の皇子護良(もりよし)親王をまつる。親王は足利直義のためこの地で殺された。1869年鎮祭。例祭は8月20日。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かまくらぐう【鎌倉宮】

神奈川県鎌倉市にあり,後醍醐天皇の皇子護良(もりよし)親王をまつる神社。護良親王は,1334年(建武1)足利尊氏と反目して鎌倉に幽閉され,翌年足利直義に殺された。1869年(明治2),親王最期の場所に神社を創建することが決せられ,同年7月鎮座。73年官幣中社に列せられた。境内に親王の忠臣村上義光,侍女南の方をまつる村上社,南方社の両摂社がある。また史実ではないが,親王の土牢と伝えるものがある。例祭は8月20日。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かまくらぐう【鎌倉宮】

鎌倉市二階堂にある神社。後醍醐天皇の第三皇子護良もりよし親王を祭神とする。1869年(明治2)創建。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鎌倉宮
かまくらぐう

神奈川県鎌倉市二階堂に鎮座。祭神は後醍醐(ごだいご)天皇の皇子護良(もりよし)親王。親王は法名を尊雲(そんうん)法親王と称し、天台座主(ざす)となり、1332年(元弘2)に還俗(げんぞく)。建武(けんむ)中興推進の原動力となったが、中興成立後の1334年(建武1)足利尊氏(あしかがたかうじ)の手で鎌倉に幽閉され、翌年北条時行の中先代の乱のとき、足利直義(ただよし)によって殺された。1868年(明治1)京都の聖護院(しょうごいん)に親王奉斎の神座を設け、翌年親王終焉(しゅうえん)の地と伝えられる鎌倉二階堂東光寺旧跡に鎌倉宮が創建された。旧官幣中社。例祭は8月20日。9月21、22日に境内で行われる薪能(たきぎのう)の神事は有名。境内には、親王の身代りとなって吉野に自刃した村上義光(よしてる)を祀(まつ)る村上社、幽閉中の親王の側近に仕えた女官南方(みなみのかた)(藤原保藤(やすふじ)の女(むすめ))を祀る南方社がある。[平泉隆房]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鎌倉宮の関連キーワード神奈川県鎌倉市二階堂神奈川県鎌倉市岡谷繁実中先代阪正臣五辻宮社号大倉

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鎌倉宮の関連情報