長円(2)(読み)ちょうえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長円(2) ちょうえん

?-1150 平安時代後期の仏師。
円勢の長男。父とともに白檀(びゃくだん)の薬師像を手がけるなど,鳥羽院院政下の造仏事業にたずさわった。円派。元永元年白河新御願寺の造仏賞により法眼,大治(だいじ)4年清水寺別当,長承元年法荘厳院の造仏賞により法印となる。久安6年死去。京都出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android