関温泉(読み)せきおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関温泉
せきおんせん

新潟県南西部,妙高市にある温泉。妙高山の東斜面にあり,妙高温泉郷の北部をなす。泉質食塩泉泉温は 46~50℃。胃腸病に効能があるといわれる。標高 900m,妙高高原を刻む大田切川に臨む素朴な温泉。古くからの湯治場で,避暑,妙高山登山,スキーなどの基地に利用されている。国民保養温泉地に指定。妙高戸隠連山国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

せきおんせん【関温泉】

新潟県妙高市、妙高山中腹にある温泉。食塩泉。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関温泉
せきおんせん

新潟県妙高市(みょうこうし)にある温泉。妙高山登山口の標高900メートルにある山の湯。弘法(こうぼう)大師の開湯伝説をもつ古い湯治温泉場で、2キロメートル奥の燕(つばめ)温泉と国民保養温泉地に指定され、ともに夏の妙高登山客と冬のスキー客でにぎわう。妙高火山の火口瀬である大田切(おおたぎり)渓谷に旅館・ホテルが建ち並ぶ。泉源は大田切川の谷底にあり、泉質は炭酸水素塩泉。えちごトキめき鉄道(旧、JR信越本線)関山(せきやま)駅からバスで30分。[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せき‐おんせん ‥ヲンセン【関温泉】

新潟県南西部、妙高山東側のふもとにある温泉。発見は古く、越後三名湯の一つといわれ、国民保養温泉地の一つに指定されている。泉質は食塩泉。上信越高原国立公園の一部。原の湯。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報