コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関温泉 せきおんせん

4件 の用語解説(関温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関温泉
せきおんせん

新潟県南西部,妙高市にある温泉。妙高山の東斜面にあり,妙高温泉郷の北部をなす。泉質は食塩泉。泉温は 46~50℃。胃腸病に効能があるといわれる。標高 900m,妙高高原を刻む大田切川に臨む素朴な温泉。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せき‐おんせん〔‐ヲンセン〕【関温泉】

新潟県妙高(みょうこう)市妙高山東麓にある温泉。泉質は塩化物泉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せきおんせん【関温泉】

新潟県妙高市、妙高山中腹にある温泉。食塩泉。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関温泉
せきおんせん

新潟県妙高(みょうこう)市にある温泉。妙高山登山口の標高900メートルにある山の湯。弘法(こうぼう)大師の開湯伝説をもつ古い湯治温泉場で、2キロメートル奥の燕(つばめ)温泉と国民保養温泉地に指定され、ともに夏の妙高登山客と冬のスキー客でにぎわう。妙高火山の火口瀬である大田切(おおたぎり)渓谷に旅館・ホテルが建ち並ぶ。泉源は大田切川の谷底にあり、泉質は炭酸水素塩泉。えちごトキめき鉄道(旧、JR信越本線)関山(せきやま)駅からバスで30分。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関温泉の関連キーワード妙高高原新潟県妙高市青田新潟県妙高市桶海新潟県妙高市籠町新潟県妙高市志新潟県妙高市関山新潟県妙高市田切新潟県妙高市樽本妙高高原〈町〉新潟県妙高市雪森

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

関温泉の関連情報