コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関谷清景 せきや きよかげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関谷清景 せきや-きよかげ

1856*-1896 明治時代の地震学者。
安政2年12月11日生まれ。明治9年イギリス留学,19年帝国大学教授地震計の改良,地震観測網の整備,磐梯(ばんだい)山の噴火調査などにつとめた。論文に「地震を前知する法如何(いかん)」がある。明治29年1月9日死去。42歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。東京開成学校卒。幼名は鉉太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

関谷清景【せきやせいけい】

日本の地震学開拓者の一人。大垣藩士の子。大学南校で機械工学を修め,英国に留学。帰国後,当時来日中のユーイングミルンとともに地震学を研究。1886年東大教授。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

関谷清景

没年:明治29.1.8(1896)
生年:安政1.12.11(1855.1.28)
明治時代の地震学者。大垣藩士関谷玄助の長子。美濃国(岐阜県)大垣生まれ。明治3(1870)年藩の貢進生として大学南校に入学,9年英国に留学するが肺患のため翌年帰国,その後東大理学部のユーイングのもとで地震学を学び,18年に地震学教授となる。地震観測網の整備に努め,25年設立された震災予防調査会では中心メンバーとして活躍が期待されたが,療養生活のかいもなく神戸で死去。論文に「簡単地震計」(『東洋学芸雑誌』3巻)<参考文献>橋本万平「関谷清景博士を追って」(『蟻塔』11巻)

(谷本勉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せきやせいけい【関谷清景】

1854‐96(安政1‐明治29)
日本最初の地震学者。美濃大垣藩士の子として生まれる。1870年(明治3)藩の選を受け大学南校に入学,74年卒業。76年よりイギリスに留学,肺患により77年帰国,81年東京大学理学部助教となる。86年世界最初の地震学専任教授となった。この間J.ミルンJ.A.ユーイングを助けて日本地震学会を育て,地震観測網を整備するなど日本の地震学の発展に努めた。85年世界ではじめての地震予知に関する本格的論文《地震を前知する法如何》を発表する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せきやせいけい【関谷清景】

1854~1896) 地震学者。岐阜県生まれ。東大理学部に新設された世界最初の地震学科の教授となり、日本地震学の育成に努めた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関谷清景
せきやせいけい
(1854―1896)

日本最初の地震学者。岐阜・大垣の生まれ。1870年(明治3)大垣藩から大学南校入学、開成学校工学科に進み、1876年機械学研究のためロンドンに留学、翌年肺病となり帰国。1878年東京大学理学部機械工学科助教となり、ユーイングのもとで地震実験所において観測を行う。ユーイングの帰国後ミルンとともに日本全国の地震観測網を整備し、震度階の原型、微震、弱震、強震および烈震の名称をつくる。1886年東京帝国大学の地震学教授となる。1887~1888年ころつくった地震動模型は有名である。1888年磐梯(ばんだい)山大爆発直後、菊池安(きくちやすし)(1862―1894)とともに現地調査を行い、その報告書は力作である。翌1889年の熊本地震直後地震計を持って出張したが病気再発のため入院した。1892年震災予防調査会が創設され、その委員となったが、1894年病気再発し、明治29年死去した。[松澤武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

関谷清景の関連キーワード火山学育成(競走馬の)

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android