コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿武[町] あぶ

百科事典マイペディアの解説

阿武[町]【あぶ】

山口県北部,阿武郡の町。大部分丘陵性山地で,日本海岸に山陰本線が通じる。中心は奈古(なご)。米,果樹,野菜,タバコを産し,刺網一本釣りなどの漁業も行う。無角和牛の産地。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あぶ【阿武[町]】

山口県北部,阿武郡の町。人口4910(1995)。日本海に面し,南は萩市に接する。萩から益田に至る石州街道が海岸沿いに通じており,郷川河口に位置する奈古は海上交通の基地として古くから栄えた。米作や梨の栽培が盛んで,肉牛の飼育,養鶏も行われている。奈古,木与,宇田の漁港があり,一本釣りやはえなわによるブリ,イワシなどの漁獲がある。近年まで宇久鉱山から採取される蠟石を原料とする耐火煉瓦工場があった。海岸部は北長門海岸国定公園に指定されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android