コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿知須[町](読み)あじす

百科事典マイペディアの解説

阿知須[町]【あじす】

山口県南部,周防(すおう)灘に面する吉敷(よしき)郡の旧町。中心の阿知須は宇部線が通じ,漁家が多く,小型底引網漁業やノリ養殖が盛ん。米作,畜産,ダイコンなどの蔬菜栽培を行い,たくあんを特産。宇部市への通勤者が多い。2005年10月佐波郡徳地町,吉敷郡秋穂町,小郡町と山口市へ編入。25.49km2。8868人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あじす【阿知須[町]】

山口県南部,吉敷(よしき)郡の町。人口8300(1995)。椹野(ふしの)川河口の山口湾西岸にあり,宇部台地の北東部を占める。町域の西半は低い丘陵地で,貝殻山に弥生中期の貝塚遺跡がある。中世末には白松庄,近世以後は井関村と称した。1940年阿知須町となり,一時山口市に合併したが,47年分離独立。国道190号,山口宇部有料道路,山陽本線,宇部線が通り,工業都市宇部の東隣にあって通勤者の多い地域である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android