コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿知須[町] あじす

2件 の用語解説(阿知須[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

阿知須[町]【あじす】

山口県南部,周防(すおう)灘に面する吉敷(よしき)郡の旧町。中心の阿知須宇部線が通じ,漁家が多く,小型底引網漁業ノリ養殖が盛ん。米作,畜産,ダイコンなどの蔬菜栽培を行い,たくあんを特産。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あじす【阿知須[町]】

山口県南部,吉敷(よしき)郡の町。人口8300(1995)。椹野(ふしの)川河口の山口湾西岸にあり,宇部台地の北東部を占める。町域の西半は低い丘陵地で,貝殻山に弥生中期の貝塚遺跡がある。中世末には白松庄,近世以後は井関村と称した。1940年阿知須町となり,一時山口市に合併したが,47年分離独立。国道190号,山口宇部有料道路山陽本線,宇部線が通り,工業都市宇部の東隣にあって通勤者の多い地域である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone