コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋穂 あいお

3件 の用語解説(秋穂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋穂
あいお

山口県中部,山口市南東部の旧町域。周防灘に面する。 1940年町制。 2005年山口市,徳地町,小郡町,阿知須町の1市3町と合体して山口市となった。東の大海湾と西の秋穂湾に挟まれた半島部にある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋穂
あいお

山口県中南部、吉敷(よしき)郡にあった旧町名(秋穂町(ちょう))。現在は山口市の南東部を占める地域。旧秋穂町は、1940年(昭和15)町制施行。2005年(平成17)山口市と合併。周防灘(すおうなだ)に面した小半島部を占める。『和名抄(わみょうしょう)』の益必(やけひと)郷の地、中世には京都長講堂(ちょうこうどう)領の荘園(しょうえん)で、古くからの農漁村。はげ山の多かった花崗(かこう)岩丘陵の緑化も進み、山麓(さんろく)一帯にはミカン園が多い。旧町時代に役場が置かれた秋穂浦は刺網漁業やクルマエビの養殖で知られる。秋穂正八幡宮(しょうはちまんぐう)は中世の古文書や能面を伝え、楼拝殿造の社殿は国の重要文化財。[三浦 肇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秋穂の関連情報