左前(読み)ヒダリマエ

デジタル大辞泉の解説

ひだり‐まえ〔‐まへ〕【左前】

相手から見て、左の衽(おくみ)を上に出して和服を着ること。普通の着方と反対で、死者の装束に用いる。ただし、女性の洋服類は左前に仕立てる。
運が傾くこと。経済的に苦しくなること。左向き。「家業が左前になる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひだりまえ【左前】

和服の右衽おくみを左衽の上に重ねる着方。死者の装束に用い不吉なものとされる。
[0][3] 経済状態が悪くなってゆくこと。落ち目になること。 「事業が-になる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひだり‐まえ ‥まへ【左前】

〘名〙
① 着物の右の衽(おくみ)を左の衽の上に重ねて着ること。死者に経帷子(きょうかたびら)を着せる際の習慣。また、洋服の輸入後は、女子の洋服類は左前となった。左衽(さじん)。ひだりえり。
※応永本論語抄(1420)憲問第一四「左衽とは衽は衣のえり也。衣裳を前にきるを云」
② 物事が順調にいかないこと。思いどおりにいかないこと。運や金まわり、商売などがうまくいかなくなること。左まわり。左向き
仮名草子・身の鏡(1659)上「万事物がひだりまへになりて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の左前の言及

【襟∥衿】より

…垂領の襟はV字状に交差させ打ち合わせるが,自分からみて左の衽(おくみ)を右の上に重ねる着方を右衽(うじん)(右前ともいう。右手側に衽がくる),その逆を左衽(さじん)(左前)という。古来,中国漢民族の衣服は右衽,周辺の遊牧民族の衣服は左衽であった。…

※「左前」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

左前の関連情報