コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

院本(日本) いんぽん

世界大百科事典内の院本(日本)の言及

【義太夫節】より

…三味線以外に箏,胡弓,八雲琴などを床で弾く曲もあるし,床の裏で細棹の三味線を加えたり,純大坂式の下座音楽を伴うことも多い。
[テキストと記譜法]
 ひとつの浄瑠璃作品全段(全巻)を丸ごと収載した板本を丸本(院本)といい,これによって原作・原曲の様子を知ることができる。上演に際して,太夫が見台に置いて見ながら語るために書いた本を床本(ゆかほん)といい,一段だけを抜き出して記している。…

※「院本(日本)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android