コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨飾山 あまかざりやま

5件 の用語解説(雨飾山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雨飾山
あまかざりやま

新潟県糸魚川市と長野県小谷 (おたり) 村の境,妙高火山群の西端にある山。標高 1963m。新第三紀層を貫くひん岩が主体。山頂付近はけわしい崖が続き,特に南側に大岩壁がある。山頂直下の北東,笹平と呼ぶ緩斜面には花畑もみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あまかざり‐やま【雨飾山】

新潟県西部、糸魚川(いといがわ)市と長野県北安曇(あずみ)郡小谷(おたり)村との境にある山。標高1963メートル鐘状(しょうじょう)火山で、頂上南面はロッククライミングに好適。晴れた日には日本海が望める。上信越高原国立公園に属する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

雨飾山【あまかざりやま】

新潟県,長野県の境にある山。標高1963m。山頂は南峰と北峰をもつ双耳峰となっており,南峰に山頂標柱がある。妙高高原の西側に位置し,山麓には小谷温泉,雨飾温泉がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県(長野県)〕雨飾山(あまかざりやま)


新潟・長野県境にあり、頚城(くびき)山塊の西端に位置する。標高1963m。深田久弥(ふかだきゅう)「日本百名山」の一つ。東に焼(やけ)山・火打(ひうち)山と続く尾根筋は「頚城アルプス」の名がある。上信越(じょうしんえつ)高原国立公園に属する。夏は頂上付近のお花畑が名物。北麓(ほくろ)に梶山(かじやま)元湯、南麓に小谷(おたり)温泉がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雨飾山
あまかざりやま

新潟県西端の糸魚川(いといがわ)市と長野県小谷(おたり)村との境にある山。頸城(くびき)アルプスの一峰で標高1963メートル。山体は石英安山岩や閃緑(せんりょく)岩からなる。中腹の梶山(かじやま)温泉か小谷温泉が登山基地。妙高戸隠連山国立公園に含まれ、好天には日本海の展望台となる。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雨飾山の関連キーワード頸城油田頸城油田・頚城油田白砂山えちご・くびき野100kmマラソン久比岐頸城〈村〉長野県松本市蟻ケ崎長野県下伊那郡売木村頚城平野東頚城丘陵

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雨飾山の関連情報