コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨飾山 あまかざりやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雨飾山
あまかざりやま

新潟県糸魚川市と長野県小谷 (おたり) 村の境,妙高火山群の西端にある山。標高 1963m。新第三紀層を貫くひん岩が主体。山頂付近はけわしい崖が続き,特に南側に大岩壁がある。山頂直下の北東,笹平と呼ぶ緩斜面には花畑もみられる。妙高火山からの尾根縦走コース,新潟県側梶山新湯,および長野県側小谷温泉からの登山コースがある。妙高戸隠連山国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

雨飾山【あまかざりやま】

新潟県,長野県の境にある山。標高1963m。山頂は南峰と北峰をもつ双耳峰となっており,南峰に山頂標柱がある。妙高高原の西側に位置し,山麓には小谷温泉,雨飾温泉がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県(長野県)〕雨飾山(あまかざりやま)


新潟・長野県境にあり、頚城(くびき)山塊の西端に位置する。標高1963m。深田久弥(ふかだきゅう)「日本百名山」の一つ。東に焼(やけ)山・火打(ひうち)山と続く尾根筋は「頚城アルプス」の名がある。上信越(じょうしんえつ)高原国立公園に属する。夏は頂上付近のお花畑が名物。北麓(ほくろ)に梶山(かじやま)元湯、南麓に小谷(おたり)温泉がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雨飾山
あまかざりやま

新潟県西端の糸魚川(いといがわ)市と長野県小谷(おたり)村との境にある山。頸城(くびき)アルプスの一峰で標高1963メートル。山体は石英安山岩や閃緑(せんりょく)岩からなる。中腹の梶山(かじやま)温泉か小谷温泉が登山基地。妙高戸隠連山国立公園に含まれ、好天には日本海の展望台となる。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雨飾山の関連情報