コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨飾山 あまかざりやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雨飾山
あまかざりやま

新潟県糸魚川市と長野県小谷 (おたり) 村の境,妙高火山群の西端にある山。標高 1963m。新第三紀層を貫くひん岩が主体。山頂付近はけわしい崖が続き,特に南側に大岩壁がある。山頂直下の北東,笹平と呼ぶ緩斜面には花畑もみられる。妙高火山からの尾根縦走コース,新潟県側梶山新湯,および長野県側小谷温泉からの登山コースがある。妙高戸隠連山国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

雨飾山【あまかざりやま】

新潟県,長野県の境にある山。標高1963m。山頂は南峰と北峰をもつ双耳峰となっており,南峰に山頂標柱がある。妙高高原の西側に位置し,山麓には小谷温泉,雨飾温泉がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県(長野県)〕雨飾山(あまかざりやま)


新潟・長野県境にあり、頚城(くびき)山塊の西端に位置する。標高1963m。深田久弥(ふかだきゅうや)「日本百名山」の一つ。東に焼(やけ)山・火打(ひうち)山と続く尾根筋は「頚城アルプス」の名がある。上信越(じょうしんえつ)高原国立公園に属する。夏は頂上付近のお花畑が名物。北麓(ほくろく)に梶山(かじやま)元湯、南麓に小谷(おたり)温泉がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雨飾山
あまかざりやま

新潟県西端の糸魚川(いといがわ)市と長野県小谷(おたり)村との境にある山。頸城(くびき)アルプスの一峰で標高1963メートル。山体は石英安山岩や閃緑(せんりょく)岩からなる。中腹の梶山(かじやま)温泉か小谷温泉が登山基地。妙高戸隠連山国立公園に含まれ、好天には日本海の展望台となる。[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

雨飾山の関連キーワード糸魚川シーサイドバレースキー場白馬山麓県立自然公園百名山(日本百名山)新潟県糸魚川市日本百名山梶山温泉深田久弥百名山焼山鐘状

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雨飾山の関連情報