コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非合法出版 ひごうほうしゅっぱん

2件 の用語解説(非合法出版の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひごうほうしゅっぱん【非合法出版】

法に反して,あるいは法で定められた要件を備えずになされる出版。多くは,なんらかの言論統制がしかれている場合にそれに抵触する出版と,一般の公序良俗に反するとされる(プライバシーの侵害,猥褻(わいせつ)文書など)出版をいい,地下出版秘密出版と重なるところが多い。著作権法違反にあたる出版は,海賊版として区別されるのがふつうである。日本では第2次世界大戦前の出版法などの言論統制各法によって取締りが厳しかった時代に反体制・反国家権力の立場でなされた出版が前者の例であり,それはむしろ盛んであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

図書館情報学用語辞典の解説

非合法出版

出版を規制する法律がある場合にその法律に従わない出版.民主主義国家では言論・出版の自由が確立しており,出版に対する法的規制は著作権侵害やプライバシーの侵害などに限られている.しかし,著作権侵害などで発売停止などの処分になった出版物を,通常は非合法出版とは呼ばない.非民主主義的な国家では,政治体制を批判する勢力・団体を非合法化し,その宣伝活動となる出版を禁止することが多い.それに抗して行われる出版を非合法出版と呼ぶ.日本では,1869(明治2)年の「出版条例」,1893(明治26)年の「出版法」などにより,政府が出版を取り締まった.当時は出版の自由が存在せず,非合法出版が数多く行われていた.第二次大戦後は,「日本国憲法」により出版の自由が保障されている.例外として,1952(昭和27)年の「破壊活動防止法」第5条で機関誌紙が発行停止処分を受けた場合に,発行を強行すれば非合法出版に該当することになる.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

非合法出版の関連キーワード官制構成要件御用組合準防火地域船長中央官制高層住居誘導地区臨港地区不動産指定流通機構交差要件(クロス・コンプライアンス)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone