コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音戸ノ瀬戸 オンドノセト

百科事典マイペディアの解説

音戸ノ瀬戸【おんどのせと】

広島県呉市と瀬戸内海に浮かぶ倉橋島との間の水道。長さ800m,幅は最狭部で70m。平清盛日宋貿易厳島(いつくしま)神社参詣のために開削したとの伝承があるが,地質構造上は認められていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おんどのせと【音戸ノ瀬戸】

広島県呉市警固屋(けごや)と安芸郡倉橋島の音戸町の間にある水路。広島湾から東西に抜ける重要航路で,広島~松山航路の旅客船をはじめ,貨物船,漁船の往来が多い。最狭部の幅85m,水深4~10m。秒速2.5mを超す激しい潮流は,舟唄にも〈船頭かわいや音戸の瀬戸で一丈五尺の櫓がしわる〉とうたわれた。もと地峡であった所を,平清盛が本拠地福原の大輪田泊(兵庫港)から厳島神社に至るために開削したものといわれる。島と本土とは小型渡し船で結ばれていたが,1961年瀬戸をまたぐ音戸大橋(全長172m)が架けられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔広島県〕音戸ノ瀬戸(おんどのせと)


広島県呉(くれ)市の本土側と倉橋(くらはし)島北端との間の狭い水道。平清盛(たいらのきよもり)が開削したという伝説で名高い。広島湾東部と安芸灘(あきなだ)北部を結ぶ。最狭部の幅約90mで、水深は5m。潮流は最大4ノットに達する。500トン未満の小型船舶が1日約750隻航行する。1961年(昭和36)音戸大橋が完成。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

音戸ノ瀬戸
おんどのせと

広島県南西部、呉(くれ)市警固屋(けごや)と倉橋(くらはし)島との間にある水路。厳島参詣(いつくしまさんけい)のために、平清盛(きよもり)が開削したと伝えられ、工事を進めるため夕日を扇で招き返したという伝説がある。全長800メートル。幅員は狭く、潮流は激しく最大時には3ノットに達するといわれ、文字どおり「一丈五尺の櫓(ろ)がしなる」と歌われた海上交通の難所であった。1956年(昭和31)幅員を広げ、水深を深くする工事を行い、航行しやすくなった。1961年この水路上に全長172メートル、高さ23.5メートルの音戸大橋が完成した。両端の取り付け道路は螺旋(らせん)式になっている。倉橋島側の橋の付近には清盛塚がある。[北川建次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

音戸ノ瀬戸の関連キーワード広島県呉市警固屋瀬戸(海路)広島県呉市音戸[町]呉(市)福原遷都厳島

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

音戸ノ瀬戸の関連情報