コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭血腫 トウケッシュ

デジタル大辞泉の解説

とう‐けっしゅ【頭血腫】

分娩の際に胎児の頭が強く圧迫されたため、頭蓋骨(とうがいこつ)とそれを包む骨膜との間に生じた血液の塊。吸収され、数か月後に消失する。ずけっしゅ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

家庭医学館の解説

とうけつしゅ【頭血腫 Cephalohematoma】

[どんな病気か]
 分娩(ぶんべん)時、胎児(たいじ)が産道(さんどう)を通過する際に外力を受け、その頭蓋骨(ずがいこつ)を包んでいる骨膜(こつまく)の一部が剥離(はくり)したり血管が破綻(はたん)して血腫となったものをいいます。これは骨膜と頭蓋骨との間の出血ですが、1つの骨にかぎられており、骨縫合(こつほうごう)(骨の継ぎ目)をこえて他の骨におよぶことはありません。ただし、同時に2つの頭骨にできることはあります。
 吸引分娩(きゅういんぶんべん)や鉗子分娩(かんしぶんべん)の場合に生じることが多いのですが、そうでない場合にもみられます。
[症状]
 生後数日の間にしだいに腫(は)れてきます。貧血をおこすほどの出血とはなりません。しかし、血腫が吸収されると黄疸(おうだん)が強くなったり、遷延性黄疸(せんえんせいおうだん)(「遷延性黄疸」)の原因になります。
[治療]
 大きな頭血腫でも、針で穿刺(せんし)するのは感染や再出血の危険があるため行なわれません。無治療でも生後2~3か月で消失します。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

大辞林 第三版の解説

ずけっしゅ【頭血腫】

とうけっしゅ【頭血腫】

新生児の頭部に生じる血腫。産道で頭部が強く圧迫され、頭骨とそれを包む骨膜との間に生ずる出血が原因。大部分が数週間で吸収される。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の頭血腫の言及

【産瘤】より

…治療の必要はない。 産瘤は似たような症状を呈する頭血腫cephalhematomaと区別しなければならない。頭血腫は頭の頂上で少し外側にできるこぶのようなふくらみで,頭の骨とそれを包む骨膜との間に起こった出血が原因である。…

【出産】より

…産瘤は分娩後24時間~36時間で消失する。ときに頭蓋骨と骨膜との間に血腫(頭血腫)をつくったり,頭蓋内に出血することもある。
【分娩の異常】
 分娩の異常とは,分娩の3要素のいずれか一つまたは二つ以上の異常によって,分娩が障害されることをいうが,その全般については〈異常分娩〉の項目にゆずり,ここではそのうちの産道の異常,損傷にしぼって記述したい。…

※「頭血腫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

頭血腫の関連キーワード頭血腫(とうけっしゅ)頭血腫(ずけっしゅ)穿頭ドレナージ術新生児分娩損傷頭蓋内血腫大部分巨大児新生児頭部産瘤

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頭血腫の関連情報