コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

並べる/双べる ナラベル

1件 の用語解説(並べる/双べるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なら・べる【並べる/双べる】

[動バ下一][文]なら・ぶ[バ下二]
並んだ状態に位置させる。列をなすように位置させる。また、隣り合わせに置く。「二列に―・べる」「肩を―・べて歩く」「机を―・べて勉強した間柄」
ひきあててその優劣を比べる。「芭蕉と蕪村を―・べて論じる」
「花のさかりに―・べて見ばや」〈・若菜上〉
いくつも、またいろいろなものを次々と置く。「碁石を―・べる」「食卓に料理を―・べる」
次々といくつもあげて言う。「欠点を―・べる」
時間的に続ける。連続させる。
「夜(よ)―・べて君を来ませとちはやぶる神の社を祈(の)まぬ日はなし」〈・二六六〇〉
[用法]ならべる・つらねる――「美辞麗句を並べる(連ねる)」「軒を並べる(連ねる)」など、列にして位置させる意では相通じて用いられる。◇「並べる」は、列を作って位置させること。「机を五列に並べる」「机の上に開いた本を並べて調べる」◇「連ねる」は縦でも横でも1列に位置させること。ばらばらの状態には使わない。「車を連ねて行進する」「名簿に名を連ねる」など。◇類似の語に「配列する」「羅列する」がある。「配列する」は、ある基準に従ってきちんと並べること。「五十音順に配列する」「メーカー別に商品を配列する」など。「羅列する」は、やたらに、またずらりと並べること。「無意味な文字を羅列してもしようがない」
[下接句]肩を並べる轡(くつわ)を並べる机を並べる軒を並べる不平を並べる枕(まくら)を並べる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

並べる/双べるの関連キーワード焼べる押並べる書並べる差伸べる統べる取並べる述べる纏べる見比べる申述べる

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone