コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

並べる/双べる ナラベル

デジタル大辞泉の解説

なら・べる【並べる/双べる】

[動バ下一][文]なら・ぶ[バ下二]
並んだ状態に位置させる。列をなすように位置させる。また、隣り合わせに置く。「二列に―・べる」「肩を―・べて歩く」「机を―・べて勉強した間柄」
ひきあててその優劣を比べる。「芭蕉と蕪村を―・べて論じる」
「花のさかりに―・べて見ばや」〈・若菜上〉
いくつも、またいろいろなものを次々と置く。「碁石を―・べる」「食卓に料理を―・べる」
次々といくつもあげて言う。「欠点を―・べる」
時間的に続ける。連続させる。
「夜(よ)―・べて君を来ませとちはやぶる神の社を祈(の)まぬ日はなし」〈・二六六〇〉
[用法]ならべる・つらねる――「美辞麗句を並べる(連ねる)」「軒を並べる(連ねる)」など、列にして位置させる意では相通じて用いられる。◇「並べる」は、列を作って位置させること。「机を五列に並べる」「机の上に開いた本を並べて調べる」◇「連ねる」は縦でも横でも1列に位置させること。ばらばらの状態には使わない。「車を連ねて行進する」「名簿に名を連ねる」など。◇類似の語に「配列する」「羅列する」がある。「配列する」は、ある基準に従ってきちんと並べること。「五十音順に配列する」「メーカー別に商品を配列する」など。「羅列する」は、やたらに、またずらりと並べること。「無意味な文字を羅列してもしようがない」
[下接句]肩を並べる轡(くつわ)を並べる机を並べる軒を並べる不平を並べる枕(まくら)を並べる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

並べる/双べるの関連キーワードスモールキャップス対向型家具配置ああだこうだ味噌を上げる並べ立てる名を連ねる軒を連ねる牡蠣殻葺き本瓦葺き軒を争う脅し文句軒を軋る傍ら無し順序不同世迷い言品出し品別けソート綺麗所円順列

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android