コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食らう/喰らう クラウ

デジタル大辞泉の解説

くら・う〔くらふ〕【食らう/×喰らう】

[動ワ五(ハ四)]
「食べる」「飲む」のぞんざいな言い方。「大飯(おおめし)を―・う」「大酒を―・う」
迷惑などを身に受ける。こうむる。「小言を―・う」「パンチを―・う」
生活する。暮らしを立てる。
「茶屋をして―・ふ奴が、ぬるい熱いを知らぬか」〈狂言記拾遺・禰宜山伏

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くらう【食らう】

( 動五[四] )
物を飲み食いする。卑しめていうことが多い。 「大飯おおめしを-・う」 「楫取もののあはれも知らで、おのれし酒を-・ひつれば/土左」
好ましくないことを自分の身に受ける。こうむる。 「小言を-・う」 「びんたを-・う」
生活する。暮らす。 「茶屋をして-・ふ奴が、ぬるい熱いを知らぬか/狂言記・禰宜山伏」
追放の罰をうける。 「五十ぞう江戸を-・つたやつと逃げ/柳多留 12」 〔中古以降、漢文訓読系の文にも用いられた〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

食らう/喰らうの関連キーワード五鼎に食らわずんば死して五鼎に烹られんタイムボカンシリーズ毒を食らわば皿までコサメ小女郎栃麺棒振る不意を食う釣瓶落とし藜羹・藜羮弾みを食う為て遣るあぶあぶ食らわす鬼女紅葉サムソン相馬寿樹小路隠れ不意打ち御説教逆討ちパンチ