コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯塚[市] いいづか

百科事典マイペディアの解説

飯塚[市]【いいづか】

福岡県中北部の市。1932年市制。中心市街は江戸時代長崎路の宿場町,明治中期以後は筑豊(ちくほう)炭田の代表的炭都として発展,筑豊本線後藤寺線が通じる。かつては麻生芳雄,三菱鯰田などを中心に筑豊炭の1/3以上を産したが,現在はそのすべてが閉山している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いいづか【飯塚[市]】

福岡県中部の市。1932年市制,63年幸袋町,二瀬町,鎮西村と合体。人口8万3411(1995)。嘉麻・穂波両川が合流して遠賀川となる交通の要地で,筑豊本線から後藤寺線を分岐し,低い第三紀層丘陵が広がっている。江戸時代には筑前六宿の一つ,長崎路の宿場町として,明治中期以降は筑豊炭田の中心的な大炭鉱町として繁栄した。1950年代中ごろからの石炭合理化政策によって大小100前後あった市内外の炭鉱が次々と閉山し,55年に10.7万人をこえていた人口が75年には7.5万人に激減するなど深刻な打撃を受けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

飯塚[市]の関連キーワード満州国犬養毅内閣斎藤実内閣詩と詩論イブンサウードアメリカ合衆国オリンピック斎藤実内閣団琢磨栃内曾次郎