コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯能[市] はんのう

2件 の用語解説(飯能[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

飯能[市]【はんのう】

埼玉県南部の市。1954年市制。中心市街は秩父山地東麓にある名栗川の渓口集落で,近世以来市場町として発達。八高線西武池袋線が通じる。市域の約7割を山林が占め,名栗川流域の良材(西川材)の集散地で,製材所,木工場が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はんのう【飯能[市]】

埼玉県南部,外秩父山地東麓の市。1954年市制。人口8万0535(1995)。入間(いるま)川の谷口集落として発達した飯能は,江戸時代には〈縄市〉とよばれた六斎市が立ち,良質の杉,ヒノキ材の西川材の集散地として栄えた。伝統的な木製品工業や飯能絹の名で知られた繊維工業に代わって,いまは電気機器工業が中心となっている。東京の都心から50km圏に位置し,西武池袋線,JR八高線,国道299号線が通じているので,近年宅地造成も増え,1989年には住都公団の美杉台団地が造成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

飯能[市]の関連キーワード入間川奥秩父雁坂峠関東山地秩父山地秩父盆地三峰山寄居志木秩父

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone