コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飲む/呑む ノム

1件 の用語解説(飲む/呑むの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

の・む【飲む/×呑む】

[動マ五(四)]
飲食物を口から体内に送りこむ。
㋐液体などをのどへ送りこむ。「水を―・む」「薬を―・む」「―・まず食わずの生活」
㋑酒をからだに入れる。「同僚と―・む」
吸い込む。吸う。「タバコをうまそうに―・む」
見くびる。また、圧倒する。「相手を―・んでかかる」「会場の雰囲気に―・まれる」
受け入れる。妥協する。「条件を―・む」「清濁併せ―・む」
外に出さないで抑える。こらえる。「息を―・む」「涙を―・む」
隠し持つ。「懐にどすを―・む」
呑み行為をする。
[可能]のめる
[用法]のむ・すう――「水を飲む」「薬を飲む」「卵を呑んだ蛇」などのように、「飲む」は液体や小さな固体など、口に入れたものを噛(か)まずに体内に送りこむことを言う。「要求を呑む」「相手を呑んでかかる」のような比喩(ひゆ)的な言い方もある。◇「吸う」は「汁を吸う」「空気を吸う」「タバコを吸う」のように液体や気体を口や鼻から呼吸作用とともに体内に引き入れること。◇「息を吸う」は呼吸することで、「息をのむ」となると驚いた時の形容になる。◇「吸う」は「湿気を吸う」のように物が何かを吸収して含んでいる状態も示す。◇タバコについては「のむ」「すう」どちらも使う。
[下接句]息を呑(の)む恨みを飲む蛙(かえる)は口ゆえ蛇に呑まるる風を吸い露を飲む固唾(かたず)を呑む渇しても盗泉の水を飲まず・気を呑む・声を呑む言葉を呑む酒が酒を飲む蛇(じゃ)が蚊を呑んだよう蛇は寸にして人を呑む酢でさいて飲む清濁併せ呑む爪(つめ)の垢(あか)を煎(せん)じて飲むどすを呑む涙を呑む熱鉄を飲む

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲む/呑むの関連キーワード供御赤らむ齝む食む深む受込む掻っ込む口当り装る

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone