館山[市](読み)たてやま

百科事典マイペディアの解説

館山[市]【たてやま】

千葉県南端の市。1939年市制。浦賀水道に面し,西端に洲崎(すのさき)が突出。内房線が通じる。館山湾(鏡ヶ浦)に臨む中心市街は城下町,漁港として発達。昭和初期以後軍都となり,第2次世界大戦後は海上自衛隊の基地がおかれている。館山・船形両港はカツオ漁船への餌イワシ供給地で,水産加工も行われる。農村部では温暖な気候を利用して乳牛飼育,野菜・花卉(かき)栽培が盛んであるが,最近は観光花つみ,イチゴ狩りなどの観光農業にも力を入れている。南房総国定公園の中心で,1966年には房総フラワーラインが通じ,国民休暇村国民宿舎がある。110.15km2。4万9290人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たてやま【館山[市]】

千葉県南西部の市。市街は館山湾(鏡ヶ浦)に臨む館山平野に発達する。1939年市制。人口5万2880(1995)。古くから開けた地で,安房神社は阿波国の斎部(いんべ)氏が移住して創建したといわれる。古代には安房国府,国分寺が置かれ,条里制の遺構もわずかにみられる。戦国時代末期には稲村城,のち館山城に里見氏が拠り,城下町も形成され,市も開かれた。近世は天領と小藩領で,1711年(正徳1)には北条藩領で年貢の過重取立てをめぐる万石騒動が起こっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android