コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香芝[市] かしば

百科事典マイペディアの解説

香芝[市]【かしば】

奈良県奈良盆地西部の市。1991年市制。中心は下田。農村地帯で,ブドウ栽培,家内工業の靴下製造も盛ん。和歌山線,近鉄大阪線,同南大阪線,西名阪自動車道が通じ大阪市への通勤者も多い。農業は米中心から野菜,キクなど近郊型へ転換,鋳物,アルミ,プラスチックなどの工業も立地。西部の二上山では中世から金剛砂が採取され,この砂を使ったサンドペーパーが特産,現在は採掘していないが生産は続いている。24.26km2。7万5227人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かしば【香芝[市]】

奈良県北西部にある市。1991年市制。人口5万6739(1995)。奈良盆地西部に位置し,二上火山群の北東斜面を占める。中世には興福寺領の荘園に含まれ,鋳物の製造や金剛砂の採掘が発展する。古くから大阪と奈良を結ぶ交通の要地であり,現在も近鉄大阪線,南大阪線,JR和歌山線が走り,国道165号線,西名阪道路も通る。近年,大阪のベッドタウンとして人口が急増している。主産業は製造業で,農村工業として明治以降伸びた靴下工業,染色工業が特に盛んであり,金剛砂を利用したサンドペーパー製造,鋳物,プラスチックなどの工場も多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android