コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨髄バンク こつずいバンクbone marrow bank

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

骨髄バンク
こつずいバンク
bone marrow bank

白血病や免疫不全などの治療に行われる骨髄移植の推進のために設けられた制度。骨髄移植は抗癌剤による治療成績を上回るため,より多くの実施が望まれているが,患者と骨髄提供者 (ドナー) の間で主要組織適合抗原 (HLA) と呼ばれる白血球の型が一致しないと,移植の成功率が低下してしまう。 HLAが一致する確率は兄弟姉妹でも4分の1,非血縁者間では数千人に1人程度まで落ちるため,1991年 12月,骨髄移植推進財団 (いわゆる骨髄バンク) が発足し,ドナー登録に力が入れられるようになった。5万人が登録すれば約 80%の患者に適合するドナーが見つかると推計されている。 93年 11月現在の登録数は3万 4000人である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

骨髄バンク【こつずいバンク】

骨髄移植のための骨髄提供者(ドナー)の登録などを請け負う機関。1991年,厚生省は全国ネット組織として〈骨髄移植推進財団〉を発足させた。骨髄移植は,白血病再生不良性貧血,先天性免疫不全症など,骨髄(赤血球や白血球の成分をつくる組織)機能の不全による病気にもっとも有効な治療法である。
→関連項目臓器バンク

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こつずいバンク【骨髄バンク】

骨髄移植に際し、患者と提供者の組織適合性抗原( HLA )の適合率を高めるため、提供希望者の HLA を登録する機関。1991年(平成3)骨髄移植推進財団として発足。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

骨髄バンクの関連キーワード市川團十郎(12代目)骨髄バンク推進月間骨髄バンクドナー骨髄バンクカード造血幹細胞移植組織適合性抗原骨髄移植の知識公共広告機構組織適合抗原ドナー休暇大泉逸郎天地総子東ちづる武川基

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

骨髄バンクの関連情報