コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高取[町] たかとり

百科事典マイペディアの解説

高取[町]【たかとり】

奈良県中部,高市郡の町。奈良盆地の最南部にあり,南部は高取山などの山地。中心の土佐は高取城城下町。明治以後,御所(ごせ)市とともに大和売薬の中心地。近鉄吉野線が通じ,高取山西麓には壺阪(つぼさか)寺がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たかとり【高取[町]】

奈良県中西部,高市郡の町。人口8388(1995)。竜門山地の北斜面を占め,南には高取山(584m)などの標高200~600mの山々,北には越智岡丘陵が広がり,西境を曾我川が流れる。中心集落の土佐は,近世植村氏(2万5000石)が居城した高取城(跡は史跡)の城下町として発展し,現在も町並みや武家屋敷などにそのおもかげを残す。明治初めから西隣の御所(ごせ)市とともに医薬品の製造が盛んで,配置販売を主とする大和売薬の中心地である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

高取[町]の関連キーワード壺阪寺壺阪

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android