コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高尾野[町] たかおの

世界大百科事典 第2版の解説

たかおの【高尾野[町]】

鹿児島県北西部,出水郡の町。1959年江内村と合体。人口1万3466(1995)。八代海に臨み,東は出水市に接する。町域は出水市の飛地をはさんで高尾野地区と江内地区に分かれる。先進的な農業地帯で米作,野菜・タバコ栽培,畜産などが行われ,花木,苗木の生産も盛ん。1963年完成の国営出水干拓地の6割が当町に編入された。74年には内陸工業団地が完成し,農産加工,電子工業などの企業も進出している。荒崎地区は隣接の出水市,野田町とともにシベリアから渡来するナベヅルマナヅルの渡来地として特別天然記念物に指定されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

高尾野[町]の関連キーワード八代

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android