高尾野[町](読み)たかおの

  • 高尾野

百科事典マイペディアの解説

鹿児島県北西部,出水(いずみ)郡の旧町。出水平野中部を占め,米,タバコ,苗木,ミカンなどを多産,肉牛飼育,養鶏も盛ん。八代(やつしろ)海沿岸の国営干拓地では大規模機械化農業が行われる。肥薩おれんじ鉄道が通じ,荒崎はツル渡来地(特別天然記念物)。2006年3月出水郡野田町と出水市へ編入。71.14km2。1万4178人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

鹿児島県北西部,出水郡の町。1959年江内村と合体。人口1万3466(1995)。八代海に臨み,東は出水市に接する。町域は出水市の飛地をはさんで高尾野地区と江内地区に分かれる。先進的な農業地帯で米作,野菜・タバコ栽培,畜産などが行われ,花木,苗木の生産も盛ん。1963年完成の国営出水干拓地の6割が当町に編入された。74年には内陸工業団地が完成し,農産加工,電子工業などの企業も進出している。荒崎地区は隣接の出水市,野田町とともにシベリアから渡来するナベヅルマナヅルの渡来地として特別天然記念物に指定されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android