コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高尾野 たかおの

2件 の用語解説(高尾野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高尾野
たかおの

鹿児島県北西部,出水市西部および北西部の旧町域。出水平野の中央にある。 1932年町制。 1959年江内村と合体。 2006年出水市,野田町と合体して出水市となった。 1963年国営出水干拓工事が完成して,大規模機械化農業を導入。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高尾野
たかおの

鹿児島県北西部、出水(いずみ)郡にあった旧町名(高尾野町(ちょう))。現在は出水市の西部を占める。旧高尾野町は1932年(昭和7)町制施行。1959年江内(えうち)村と合併。2006年(平成18)出水市に合併。旧町域は八代(やつしろ)海に臨み、背後は出水山地で扇状地が発達している。肥薩(ひさつ)おれんじ鉄道、国道3号、504号が通じる。江内にあった木牟礼(きのむれ)城は、中世、薩摩(さつま)・大隅(おおすみ)・日向(ひゅうが)3州の守護職に任ぜられた島津忠久(ただひさ)の居城。近世、島津氏直轄の高尾野郷として柴引(しばひき)に麓(ふもと)(外城(とじょう))が置かれた。農業が中心で、米作、野菜・タバコ栽培のほか、畜産や苗木の生産が盛んである。春に行われる中の市(いち)(ソバ市)は伝統ある市で、周辺市町村からの人出でにぎわう。荒崎一帯は特別天然記念物に指定されているツルの渡来地。ユーモラスな兵六踊(ひょうろくおどり)は県指定無形民俗文化財である。[平岡昭利]
『『高尾野町郷土誌』(1967・高尾野町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高尾野の関連キーワード鹿児島県出水郡鹿児島県出水市荘高尾野〈町〉鹿児島県出水市武本鹿児島県出水市西出水町野田〈町〉鹿児島県出水市麓町鹿児島県出水市文化町鹿児島県出水市平和町鹿児島県出水市本町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高尾野の関連情報