コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高山蝶 こうざんちょう alpine butterfly

4件 の用語解説(高山蝶の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高山蝶
こうざんちょう
alpine butterfly

高山,亜高山性のチョウの総称。中緯度地方では高山に生活するチョウでも,緯度が高くなるに従って平地でもみられるものもあり,厳密に高山のみに生活するものは少い。日本では,ウスバキチョウタカネヒカゲミヤマモンキチョウタカネキマダラセセリなどが代表的な高山蝶である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうざん‐ちょう〔カウザンテフ〕【高山×蝶】

高山帯に分布するチョウ。日本ではアサヒヒョウモンウスバキチョウタカネヒカゲのほか、それより低い所でもみられるミヤマモンキチョウ・クモマベニヒカゲなども含めていう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうざんちょう【高山蝶 Alpine butterfly】

本州中部以北の高山およびその近傍の渓谷,高原などに限って分布する一群のチョウを便宜的に高山チョウと呼ぶ。高山植物の場合と同じく,高山に見られるチョウすべてが高山チョウでは決してない。真の高山地帯に分布が局限されるものは本州では2種,北海道では3種しかない。英語でAlpineといえば,タカネヒカゲ類のことを指す。 本州の高山チョウは,クモマツマキチョウイラスト),ミヤマシロチョウ,ミヤマモンキチョウ,オオイチモンジコヒオドシ,タカネキマダラセセリ,ベニヒカゲ,クモマベニヒカゲタカネヒカゲ(イラスト)の9種とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうざんちょう【高山蝶】

高山帯にのみ生息するチョウの総称。日本では主として本州中部山岳地帯や北海道中部高地帯に産する。ミヤマモンキチョウ・タカネヒカゲ・ウスバキチョウ・アサヒヒョウモンなどが代表的。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高山蝶の関連キーワードアカハラ岩桔梗尾上蘭岩黄耆兎菊金紅花姫鍬形峰楓深山柳ミヤマキンバイ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高山蝶の関連情報