鮎川義介(読み)あいかわよしすけ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鮎川義介(あいかわよしすけ)
あいかわよしすけ
(1880―1967)

新興財閥日産コンツェルンの創設者、政治家。山口県生まれ。「あゆかわよしすけ」とも。東京帝国大学機械工学科卒業後、一職工として芝浦製作所に入社、さらにアメリカに渡って可鍛鋳鉄の製造技術を学ぶ。1910年(明治43)戸畑鋳物、1922年(大正11)共立企業を設立、その経営手腕を認められる。大正末年危機に陥った義弟久原房之助(くはらふさのすけ)の事業経営を引き受け、1928年(昭和3)久原鉱業を公開持株会社日本産業に改組した。満州事変以後の景気回復過程のなかで拡大戦略を展開し、日本鉱業、日立製作所、日本水産、日産自動車などの有力会社を擁する新興財閥日産コンツェルンを形成した。1937年その本社日本産業を「満州国」に移駐して満州重工業開発とし、日「満」両国にまたがる一大コンツェルンの形成を図ったが、戦時体制の強化、戦局の悪化とともにその計画は挫折(ざせつ)した。第二次世界大戦後に公職追放、解除後おもに政治活動に専念し、参議院議員になり、1956年(昭和31)には日本中小企業政治連盟を結成、その総裁に就任した。[宇田川勝]
『小島直記著『鮎川義介伝』(1967・日本経営出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鮎川義介の関連情報