(読み)セン

  • あざらけき
  • あざらけ・し
  • 漢字項目

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形容詞「あざらけし」の連体形の名詞化。「あさらけき」とも) 新しい魚。新鮮な魚。
※地蔵菩薩霊験記(16C後)七「水中の鮮(アザラケキ)も滅罪の益にあづかり」
〘形ク〙 あざやかである。生き生きしていて新しい。新鮮である。
※書紀(720)仁徳即位前(前田本訓)「更に返りて他(あだし)(アサラケ)き魚を取りて(たてまつ)る」
〘名〙
① (━する) 若くして死ぬこと。わかじに。
※菅家文草(900頃)二・夢阿満「看吾両膝嘲弄、悼汝同胞共葬鮮」 〔春秋左伝‐昭公五年〕
② (形動) 生き生きしていること。新鮮なさま。また、生肉。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「海物に鮭魚の鮮なる、牡蠣の腴なるあり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android