(読み)セン

精選版 日本国語大辞典の解説

あざら‐けき【鮮】

〘名〙 (形容詞「あざらけし」の連体形の名詞化。「あさらけき」とも) 新しい魚。新鮮な魚。
※地蔵菩薩霊験記(16C後)七「水中の鮮(アザラケキ)も滅罪の益にあづかり」

あざら‐け・し【鮮】

〘形ク〙 あざやかである。生き生きしていて新しい。新鮮である。
書紀(720)仁徳即位前(前田本)「更に返りて他(あだし)(アサラケ)き魚を取りて(たてまつ)る」

せん【鮮】

〘名〙
① (━する) 若くして死ぬこと。わかじに。
※菅家文草(900頃)二・夢阿満「看吾両膝嘲弄、悼汝同胞共葬鮮」 〔春秋左伝‐昭公五年〕
② (形動) 生き生きしていること。新鮮なさま。また、生肉。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「海物に鮭魚の鮮なる、牡蠣の腴なるあり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鮮の関連情報