コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鯖江[市] さばえ

2件 の用語解説(鯖江[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

鯖江[市]【さばえ】

福井県中部,福井平野南部の市。1955年市制。中心市街は誠照(じょうしょう)寺の門前町として開け,間部(まなべ)氏の陣屋町として発達。福井機業地帯の一中心で絹・人絹・合繊織物を生産,眼鏡わくを特産し,全国生産の約9割を占める。
→関連項目方上荘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さばえ【鯖江[市]】

福井県中部,福井平野南部の市。1955年鯖江町,神明町と中河,片上,立待,吉川,豊の5村が合体,市制。57年河和田村を編入。人口6万2890(1995)。市街は武生(たけふ)盆地北縁の南北に連なる台地上にある。南の旧鯖江は日野川水運の上限にあたり,かつ北陸街道の渡河点白鬼女(しらきじよ)を控えた交通の要地であり,中世から真宗三門徒派本山誠照(じようしよう)寺の門前町として栄え,江戸中期以降間部(まなべ)氏の陣屋町として整備された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鯖江[市]の関連キーワード足羽川福井県福井地震福井平野福井医科大学恵庭帰山鯖江敦賀福井

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone