コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鱗木 ウロコギ

百科事典マイペディアの解説

鱗木【りんぼく】

レピドデンドロンとも。石炭紀ペルム紀に栄えた巨大なシダ植物ヒカゲノカズラ類に属し,当時形成された石炭の根源植物の一つ。高さ30m,幹の太さは根元で直径1m以上。
→関連項目石炭

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りんぼく【鱗木 Lepidodendron】

ヒカゲノカズラ類(小葉類)に属する絶滅シダ植物の1属(イラスト)。レピドデンドロンまたはうろこ木ともいう。約3億年前の石炭紀から二畳紀にかけて大発展をとげ,石炭紀湿地林の主要木となった。茎は二次肥大生長をし,20~30mの大木で,高いところまで分岐せず,頂上付近で数回分岐して樹冠をつくる。茎の表面は一面にひし形,鱗状の紋様でおおわれ,そのため鱗木と名づけられた。これは葉の落下した跡を示す。地下部は樹冠同様,二叉(にさ)分岐するのが特徴。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うろこぎ【鱗木】

りんぼく【鱗木】

石炭紀に繁茂したリンボク目の大形木本性シダ植物。高さは30メートルに達した。葉の落ちた跡が菱形で、螺旋らせん状に密に配列しているのがうろこのように見える。石炭の原木の一つ。ウロコギ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鱗木
りんぼく

レピドデンドロン」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鱗木
りんぼく

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鱗木の関連キーワード鱗木類(りんぼくるい)鱗木類(うろこぎるい)レピドデンドロン類古生ヒカゲノカズラ欧米植物群横山又次郎シギラリアミズニラリンボク小葉植物デボン紀中生代封印木横倉山蘆木類

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android