コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鱗木 ウロコギ

8件 の用語解説(鱗木の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うろこ‐ぎ【×鱗木】

りんぼく(鱗木)

りん‐ぼく【×鱗木】

ヒカゲノカズラに近縁の化石シダ類。古生代石炭紀に繁栄し、二畳紀に絶滅。高さ約30メートルの巨木で、頂部で分枝し、幹に葉の落ちたあとが鱗(うろこ)状に配列。炭化して良質の石炭となった。レピドデンドロン。うろこぎ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鱗木【りんぼく】

レピドデンドロンとも。石炭紀ペルム紀に栄えた巨大なシダ植物ヒカゲノカズラ類に属し,当時形成された石炭の根源植物の一つ。高さ30m,幹の太さは根元で直径1m以上。
→関連項目石炭

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りんぼく【鱗木 Lepidodendron】

ヒカゲノカズラ類(小葉類)に属する絶滅シダ植物の1属(イラスト)。レピドデンドロンまたはうろこ木ともいう。約3億年前の石炭紀から二畳紀にかけて大発展をとげ,石炭紀湿地林の主要木となった。茎は二次肥大生長をし,20~30mの大木で,高いところまで分岐せず,頂上付近で数回分岐して樹冠をつくる。茎の表面は一面にひし形,鱗状の紋様でおおわれ,そのため鱗木と名づけられた。これは葉の落下した跡を示す。地下部は樹冠同様,二叉(にさ)分岐するのが特徴。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うろこぎ【鱗木】

りんぼく【鱗木】

石炭紀に繁茂したリンボク目の大形木本性シダ植物。高さは30メートルに達した。葉の落ちた跡が菱形で、螺旋らせん状に密に配列しているのがうろこのように見える。石炭の原木の一つ。ウロコギ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鱗木
りんぼく

レピドデンドロン」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鱗木
りんぼく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鱗木の関連キーワードアステロキシロン封印木小葉日陰草日陰の蔓・日陰の鬘山蔓蔭マンネンスギ古生ヒカゲノカズラひかげのかずら

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone