鱗木(読み)りんぼく

百科事典マイペディア「鱗木」の解説

鱗木【りんぼく】

レピドデンドロンとも。石炭紀ペルム紀に栄えた巨大なシダ植物ヒカゲノカズラ類に属し,当時形成された石炭の根源植物の一つ。高さ30m,幹の太さは根元で直径1m以上。木の頂部に多くの枝が分岐。枝の先に大きな胞子嚢の穂がついていた。葉は細長く,長さ10〜50cm。生長につれ葉が脱落し,葉痕(ようこん)が魚鱗状に並ぶのでこの名がある。日本では北上高地や四国から近縁のレピドデンドロプシス,レプトフローエムが出土。
→関連項目石炭

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「鱗木」の解説

うろこ‐ぎ【鱗木】

〘名〙 巨大なシダ植物。現生ヒカゲノカズラに近縁の化石植物で、古生代の石炭紀に繁茂し二畳紀に滅びた。高さ約三〇メートル、直径約二メートルにもなり、幹は上部で二股に分枝し、また、さらに二つに分かれる。幹面には葉根が脱落した(ひし)形の跡が鱗状をして残っている。葉は鱗片状で、枝面にらせん状に密生する。りんぼく。

りん‐ぼく【鱗木】

〘名〙 古生代石炭紀初期から二畳紀にかけて繁栄した、シダ植物の一群。高さ二〇メートル以上、径約二メートル。落葉した跡がうろこのように残る。石炭の原木の一種。うろこぎ。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鱗木」の解説

りん‐ぼく【×鱗木】

ヒカゲノカズラに近縁の化石シダ類。古生代石炭紀に繁栄し、ペルム紀に絶滅。高さ約30メートルの巨木で、頂部で分枝し、幹に葉の落ちたあとがうろこ状に配列。炭化して良質の石炭となった。レピドデンドロン。うろこぎ。

うろこ‐ぎ【×鱗木】

りんぼく(鱗木)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「鱗木」の解説

りんぼく【鱗木 Lepidodendron】

ヒカゲノカズラ類(小葉類)に属する絶滅シダ植物の1属(イラスト)。レピドデンドロンまたはうろこ木ともいう。約3億年前の石炭紀から二畳紀にかけて大発展をとげ,石炭紀湿地林の主要木となった。は二次肥大生長をし,20~30mの大木で,高いところまで分岐せず,頂上付近で数回分岐して樹冠をつくる。茎の表面は一面ひし形,鱗状の紋様でおおわれ,そのため鱗木と名づけられた。これは葉の落下した跡を示す。地下部は樹冠同様,二叉(にさ)分岐するのが特徴。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android