鳩山[町](読み)はとやま

百科事典マイペディアの解説

鳩山[町]【はとやま】

埼玉県中西部,比企(ひき)郡の町。比企丘陵南端を占め,稲作,畑作などを行う。金属,電気機械などの企業もある。1974年ごろから大規模な宅地開発が進み,人口が急増。宇宙航空研究開発機構の地球観測センターと気象庁の気象衛星通信所,東京電機大学などがある。25.73km2。1万5305人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はとやま【鳩山[町]】

埼玉県中央部,比企郡の町。1982年町制。人口1万7973(1995)。坂戸市の北西に接し,岩殿丘陵の南端に位置する。南境を荒川の支流越辺(おつぺ)川が東流する。北端の笛吹峠は中世鎌倉街道の要衝。越辺川沿いにある今宿は江戸時代は河岸がおかれ,周辺で産する材木や薪炭を江戸に送りだしていた。谷田が多く,従来は米麦作,養蚕を主とする農村であったが,岩殿丘陵南斜面に大規模な住宅団地が造成されて,1970年代後半に人口が倍増,近隣都市への通勤者が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android