コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴沢寛治(4代) つるざわ かんじ

2件 の用語解説(鶴沢寛治(4代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴沢寛治(4代) つるざわ-かんじ

?-? 江戸後期-明治時代の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
3代鶴沢寛治の門人。文政9年(1826)4代寛治を襲名する。「関取千両幟(のぼり)」の櫓(やぐら)太鼓の曲弾きで知られる。腕達者で鬼寛治といわれた。摂津難波村(大阪府)出身。初名は富造。前名は鶴沢文吾(2代)。後名は寛翁。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鶴沢寛治(4代)

生年:生没年不詳
江戸後期の義太夫節三味線弾き。摂州難波村(大阪市)出身。通称鬼寛治。3代目寛治の門弟。富造,2代目文吾を経て文政9(1826)年に寛治を襲名。天保・嘉永年間(1830~54)に活躍した。腕達者で「関取千両幟」の櫓太鼓の曲弾きを始めたといわれている。明治初年,5代目に名を譲り寛翁と称した。なお寛治の名前は,宝暦10(1760)年に初代鶴沢友次郎の門弟が名乗ったのが初めである。また6代目寛治は昭和期の重要無形文化財保持者。<参考文献>『義太夫年表/近世篇2,3』,4代目竹本長門太夫著・木谷蓬吟校訂『浄瑠璃大系図』(音曲叢書6巻)

(鎌倉惠子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鶴沢寛治(4代)の関連キーワード義太夫三味線竹沢弥七(7代)竹本小清鶴沢蟻鳳(初代)鶴沢才治鶴沢清六(初代)鶴沢友次郎(初代)鶴沢友次郎(2代)野沢勘蔵野沢喜八郎(初代)