コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴沢寛治 つるざわかんじ

世界大百科事典 第2版の解説

つるざわかんじ【鶴沢寛治】

義太夫節の三味線演奏者。(1)初世 (18世紀中ごろ‐1809(文化6)ころ) 初世鶴沢友治郎門人。1760年(宝暦10)鶴沢亀次郎から寛治と改名,のち寛翁。通称土橋。66年(明和3)から一時竹本座に出勤したが,主として豊竹系の座で活躍,2世豊竹島太夫らを弾いた。(2)4世 生没年不詳。3世の門人。富造,2世文吾から,1826年(文政9)4世を襲名。同年《関取千両幟(せきとりせんりようのぼり)》で櫓太鼓曲弾きをはじめ,19世紀半ばまで,鬼寛治と呼ばれたほどの強腕で鳴らし,54年(安政1)《壇浦兜軍記》の琴責めの曲弾きでも喝采をうけた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶴沢寛治
つるざわかんじ

義太夫(ぎだゆう)節の三味線。土橋寛治を通称とする初世(生没年未詳)は、1750年(寛延3)から豊竹(とよたけ)座に出座して、島太夫や2世此太夫(このたゆう)を弾いた。4世は鬼寛治といわれるほどの健腕で、1830~40年代に活躍し、『関取千両幟』(せきとりせんりょうのぼり)で櫓太鼓(やぐらだいこ)の曲弾(きょくび)きを始めたという。晩年は伊勢(いせ)の桑名に住み、その名を全国にとどろかせた。[倉田喜弘]

6世

(1887―1974)初め竹沢団二郎、同団六を経て3世鶴沢寛治郎と改名。櫓下(やぐらした)3世竹本津太夫の最晩年に相三味線となった。1950年(昭和25)から4世津大夫の相三味線となり、56年に6世寛治を襲名、59年には重要無形文化財保持者に認定され、生涯にわたって豪快な撥(ばち)さばきをみせた。7世(1928― )は6世の子で前名竹沢団六。1997年(平成9)に重要無形文化財保持者に認定され、2001年に7世寛治を襲名する。[倉田喜弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鶴沢寛治の関連キーワード竹本 南部太夫(4代目)竹本 伊達太夫(5代目)義太夫節の大夫と三味線豊竹 時太夫(7代目)鶴沢 勘治郎(2代目)竹本 津太夫(4代目)竹沢 弥七(10代目)竹本 津大夫(4代目)鶴沢 寛治(6代目)野沢喜左衛門(2世)[各個指定]芸能部門竹本津大夫(4世)鶴沢清七(3代)鶴沢寛治(6世)鶴沢寛治(7世)鶴沢寛治(2代)鶴沢寛治(6代)鶴沢寛治(7代)鶴沢寛治(4代)鶴沢寛治(5代)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android