コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴田義行 つるたよしゆき

4件 の用語解説(鶴田義行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶴田義行
つるたよしゆき

[生]1903.10.1. 鹿児島,伊敷
[没]1986.7.24. 愛媛,松山
水泳選手。 1932年明治大学卒業。 1928年アムステルダムオリンピック競技大会に出場し,200m平泳ぎで2分 48秒8のオリンピック新記録を出し優勝。 1932年のロサンゼルス大会でも,同種目で2分 45秒4のオリンピック新記録を出し再度優勝した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

鶴田義行【つるたよしゆき】

水泳選手。鹿児島県出身。少年時代から水泳の才能を発揮。明治大学卒業後,海軍に入る。平泳ぎ第一人者として活躍。1928年のアムステルダムオリンピック200m平泳ぎ金メダル日本人として水泳初の金メダル)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴田義行 つるた-よしゆき

1903-1986 昭和時代の水泳選手。
明治36年10月1日生まれ。昭和3年アムステルダム五輪200m平泳ぎで世界新記録をだし,水泳で日本人初の金メダルを獲得。7年ロス五輪でも金メダリストになった。日本水泳連盟理事。43年アメリカの国際水泳殿堂入り。昭和61年7月24日死去。82歳。鹿児島県出身。明大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つるたよしゆき【鶴田義行】

1903‐86(明治36‐昭和61)
昭和期の水泳選手。鹿児島県出身。少年期から水泳で頭角をあらわし,明治大学と海軍時代に平泳ぎの第一人者として活躍した。1928年の第9回オリンピック大会(アムステルダム)で200m平泳ぎに2分48秒8の世界新記録で優勝,水泳で日本最初の金メダリストに輝く。続く32年の第10回大会(ロサンゼルス)でも2分45秒4で優勝した。長年日本水泳連盟の理事をつとめ,選手の指導に尽力した。【広畑 成志】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の鶴田義行の言及

【オリンピック】より

…女子水泳はすでにストックホルム大会から行われていたが,女子陸上競技が採用されたことで,女子スポーツの将来に新しい展望が開かれた。この大会で日本の織田幹雄が三段跳び,鶴田義行が200m平泳ぎでそれぞれ優勝して日本で初めての金メダリストになり,また女子陸上800mでは人見絹枝が2位に入賞した。32年,ロサンゼルス(アメリカ)で開かれた第10回大会では,オリンピック史上初めて10万人収容の大競技場が建設され,36年の第11回大会に提供されたベルリン競技場の施設とともに,大会施設の巨大化に端を開いた。…

※「鶴田義行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

鶴田義行の関連キーワードプラット修正ロシア映画キュリーククルイニクスイ幸徳秋水ブライアンアクリーションマグマ・ストーピングイラーセクイリンデン蜂起

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鶴田義行の関連情報