コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄道吉日 オウドウキチニチ

大辞林 第三版の解説

こうどうきちにち【黄道吉日】

陰陽道おんようどうで、何事を行うにも吉とする日。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黄道吉日
こうどうきちじつ

陰陽(おんみょう)道でいう何事をなすにもよい日をいう。黄道というのは、地球を中心にして太陽の見かけの運行が描く大円をいい赤道に対して約23度26分の傾斜をなしている。春分を起点としてこの黄道を12等分して12宮に分かち、それに易占による五行、九星を配置して吉日を考えた。青竜、明堂、金匱(きんき)、天徳、王堂、司命にあたる日を黄道六辰(ろくしん)といって吉日とした。今日婚礼に黄道吉日を選んでという挨拶(あいさつ)をするのは、これとは違っておおむね大安の日を称している。[大藤時彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

黄道吉日の関連キーワード日下部 四郎太陰陽道婚礼黄道

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android