(読み)モミ

  • ×樅
  • モムノキ)
  • 樅 (モミ・モミノキ

デジタル大辞泉の解説

マツ科の常緑大高木。日本特産で、本州・四国・九州の山地自生樹皮は黒灰色。葉は線形で、小枝に2列に密生する。6月ごろ、黄色の円筒状の雄花雌花とが開花し、果実松かさは直立してつく。材は軽く、建築・家具のほか柩(ひつぎ)などに多用され、パルプ原料にもする。もみのき。もむのき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 マツ科の常緑高木。本州、四国、九州の山地に生える。高さ三〇~五〇メートル、径一・五メートルに達する。樹皮は灰白色で鱗片状にはげる。葉は密に互生し線形、若木のものは先端が鋭く二裂する。雌雄同株。雄穂は長楕円形で黄紫色、雌穂は広楕円形で黄緑色。果実は松かさに似ているが灰青色の円筒形で直立し長さ一〇~一五センチメートル。材は建築・器具・製紙用。若木はクリスマス‐ツリーに用いる。漢名に樅をあてるが、この植物は日本特産で中国にあるのは近縁種。もみそ。とうもみ。もむのき。《季・春》 〔十巻本和名抄(934頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

樅の関連情報