(読み)モミ

デジタル大辞泉の解説

もみ【×樅】

マツ科の常緑大高木。日本特産で、本州・四国・九州山地自生樹皮は黒灰色。葉は線形で、小枝に2列に密生する。6月ごろ、黄色の円筒状の雄花雌花とが開花し、果実松かさは直立してつく。材は軽く、建築・家具のほか柩(ひつぎ)などに多用され、パルプ原料にもする。もみのき。もむのき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もみ【樅】

マツ科の常緑高木。本州中部から九州の低山に生える。葉は密に互生し線形で、若木では先が二裂。雌雄同株。初夏、開花し、短円柱形の松かさをつける。庭木やクリスマスツリーにし、材は建築・卒塔婆そとば・棺などに利用。トウモミ。モミソ。モムノキ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

樅 (モミ・モミノキ;モムノキ)

学名:Abies firma
植物。マツ科の常緑針葉高木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もみ【樅】

〘名〙 マツ科の常緑高木。本州、四国、九州の山地に生える。高さ三〇~五〇メートル、径一・五メートルに達する。樹皮は灰白色で鱗片状にはげる。葉は密に互生し線形、若木のものは先端が鋭く二裂する。雌雄同株。雄穂は長楕円形で黄紫色、雌穂は広楕円形で黄緑色。果実は松かさに似ているが灰青色の円筒形で直立し長さ一〇~一五センチメートル。材は建築・器具・製紙用。若木はクリスマス‐ツリーに用いる。漢名に樅をあてるが、この植物は日本特産で中国にあるのは近縁種。もみそ。とうもみ。もむのき。《季・春》 〔十巻本和名抄(934頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

樅の関連情報