コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒部[市] くろべ

百科事典マイペディアの解説

黒部[市]【くろべ】

富山県東部の都市。1954年市制。黒部川扇状地の左岸部及び中流域の山地を占めて,水質,水量ともに恵まれ,水田が広く,また大型で長楕円体の黒部スイカを特産する。中心の三日市市場町として発達,北陸新幹線あいの風とやま鉄道,富山地方鉄道黒部峡谷鉄道北陸自動車道が通じる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くろべ【黒部[市]】

富山県北東部の市。1954年桜井町と生地(いくじ)町が合体して市制,改称。人口3万6414(1995)。黒部川下流西岸にあり,黒部扇状地西側一帯を占める。市域は南東が高くて山地,台地があり,北西に向かって低くなり耕地が展開する。南方高台の福平,朴原(ほおのきばら)には縄文前期遺跡があり,耕地や集落は低湿肥沃な山麓や海岸から始まり,やがて黒部川の乱流による扇央地帯に及んだものとみられる。中心集落の三日市は早くから市場が開かれていたが,のち旧北陸街道の下街道と上街道の接続する宿場町として発達した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

黒部[市]の関連キーワード中部山岳国立公園黒部川扇状地黒部峡谷

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android