三日市(読み)みっかいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三日市
みっかいち

富山県北東部,黒部市北西部の旧町域。 1889年町制施行。 1940年石田村,田家村,村椿村,大布施村,前沢村,荻生村,若栗村と合体して桜井町となり,1954年生地町と合体して黒部市となった。3の日に市の立つ市場町として,また黒部川を控え,北陸道の宿場として発達した。黒部峡谷宇奈月温泉玄関口となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の三日市の言及

【河内長野[市]】より

…大阪府の南東端に位置する市。1954年長野町と三日市,高向(たこう),加賀田,天見,川上の5村が合体,市制。人口11万7082(1995)。…

※「三日市」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三日市の関連情報