コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼓笛隊 コテキタイ

デジタル大辞泉の解説

こてき‐たい【鼓笛隊】

太鼓とを中心に編成された行進用の音楽隊

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鼓笛隊【こてきたい】

古くからヨーロッパで行われた,笛と太鼓からなる楽隊。主として軍隊の行進に用いられた。日本へは江戸末期に伝わり,現在は小・中学校で盛ん。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こてきたい【鼓笛隊】

笛と太鼓からなり,歩兵の行進や戦闘の際の合図のための楽隊。起源は中世ヨーロッパの楽師たちが笛と太鼓で舞踊の伴奏をしていたことに始まるが,15世紀末にスイス傭兵によって軍隊の行進にも使われるようになった。楽器は1~6孔をもったファイフ(横笛)と,タンブールであったが,今日では大太鼓も加わり,横笛も鍵付きが多くなっている。行進の際には鼓手長(ドラム・メジャー)が先頭に立って,指揮杖(バトン)を持って指揮をする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こてきたい【鼓笛隊】

太鼓と笛とから編成された行進用音楽隊。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鼓笛隊
こてきたい
fife and drum corps英語
SpielleuteSpielmannszugSpielmannstruppドイツ語

笛と太鼓からなる行進用・儀礼用の音楽隊。ヨーロッパでは中世の遍歴楽師の間で行われていたファイフ(通常1~6孔の小型横吹きフルート)と太鼓の合奏に端を発し、15、16世紀には軍隊のなかでもとくに歩兵隊の軍楽として行進や合図(鼓笛信号fife call)用に発達し、のちにアメリカを中心に民間にも広まった。行進の際には鼓手長(ドラム・メジャー)が先頭で指揮杖(バトン)を持って指揮するが、今日ではバトン回しの妙技を見せるバトン・トワラーbaton twirlerも加わり、行進に花を添えている。
 日本に輸入されたのは安土(あづち)桃山時代ともいわれるが、実質的には江戸末期の1864年(元治1)以降、洋式兵法とともに軍隊調練用に伝習されたのが始まりで、幕末の官軍にも引き継がれた。しかし67年(慶応3)には廃止され、以後、軍楽は吹奏楽だけとなった。
 一方、学校教育用としての鼓笛隊は1935年(昭和10)ごろから小森宗太郎らの提唱で採用された。第二次世界大戦後は48年(昭和23)に簡易楽器の器楽合奏という文部省(現文部科学省)の新しい音楽教育の一端として復興し、61年には全日本鼓笛バンド連盟も結成された。現行の学校鼓笛隊の編成は、指揮杖1、大太鼓1、中・小太鼓数名、シンバル1、ベルリラ1、リコーダー多数からなるものが一般的である。[川口明子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鼓笛隊の関連キーワード日本の遊び・玩具史(年表)ソブリンヒル瀬戸口 藤吉伊沢修二奥山朝恭おはら祭京北古く

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鼓笛隊の関連情報