コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

4Hクラブ よんエイチクラブ4-H club

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

4Hクラブ
よんエイチクラブ
4-H club

農村青少年の組織で,生活改善農業技術の改良などを目的とする。頭 head,心 heart,腕 hand,健康 healthの頭文字をとったもの。 1909年頃アメリカ南部に誕生したといわれ,その後全米にわたって結成され,世界的に普及した。日本では 48年,アメリカにをとった農業改良普及事業が発足した際,その一環として導入されたが,現在では減少傾向にある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

4Hクラブ【よんエッチクラブ】

農業技術・農村生活の改善を目的とする農村青少年の組織。4Hとはhead(頭),hand(手),heart(心),health(健康)の頭文字をとったもの。20世紀初め米国で起こり,第2次大戦後日本でも農業改良助長法による農業改良普及事業の一環として普及。
→関連項目少年団

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よんエッチクラブ【4Hクラブ】

農村の青少年が地域社会において交流と親睦をはかりながら,農業の生産技術や経営を学ぶとともにひろく生活上の課題を解決する力を養うことを目的としてつくられた学習グループである。4Hとは,head(頭),hand(手),heart(心),health(健康)の頭文字をとったもので,活動の目標を象徴している。農業普及事業の父として知られているアメリカ人ナップSeaman Asahel Knapp(1833‐1911)が1907‐08年ころに始めた農業研究クラブを母体として生まれ,欧米はもとより第2次大戦後はアジア諸国にまで普及した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

4Hクラブ
よんえいちくらぶ

農村青少年クラブの一つの名称。農業改良助長法に基づき、1948年(昭和23)発足した農業・生活改良普及事業の一環として、農業改良普及員たちによって育成されることになったグループ活動。アメリカの4Hクラブに範をとり、4Hとは青少年のHead(頭脳)・Hand(技能)・Heart(心情)・Health(健康)を表し、その向上を図るものであった。アメリカでは農務省と協力する州立農科大学(または州立大学農学部)の校外教育事業extention serviceの面から積極的に進められた。日本でもクラブの急速な発展に呼応し、51年民間支持団体の日本4H協会が設立された。また、これら農村の青少年クラブの連絡協議体として全国農村青少年クラブ連絡協議会(1955)が発足、その後、全国4Hクラブ連絡協議会(1962)となり、さらに全国農業青年クラブ連絡協議会(1973)と改称、現在に至る。活動は、農林・漁業の職能の裏づけになるグループ学習とか、地域社会の新しい人間関係樹立を図るとか、目覚ましいものがあった。しかし、高度経済成長下での農村青少年の激減、高等学校進学者数の著増その他の情勢変動により会員は減少する一方だったが、前出の4Hの理念を堅持しながら、活動はいまなお続いている。したがって4Hクラブの呼称は存続している。なお、日本4H協会は、78年、その任務を社団法人全国農村青少年教育振興会に託し解散した。[藤原英夫]
『社団法人全国農村青少年教育振興会編・刊『日本4H協会史』(1980)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

4Hクラブの関連キーワードスプリングフィールド朝倉 斯道朝倉斯道寄り合い

4Hクラブの関連情報