コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

C型肝炎ウイルス シーがたかんえんウイルスhepatitis C virus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

C型肝炎ウイルス
シーがたかんえんウイルス
hepatitis C virus

輸血をおもな感染経路とするC型肝炎の病原体ウイルスで,HCVともいう。 1989年,アメリカのカイロン社によって遺伝子が発見されたが,粒子の発見には至っていない。日本では,非A非B型肝炎の 90%を占めるといわれている。有効な薬品としてはインターフェロンなどが良く知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シーがたかんえん‐ウイルス【C型肝炎ウイルス】

C型肝炎の原因となる肝炎ウイルスRNAをゲノムとするRNAウイルスで、血液を介して感染する。ウイルス粒子の表面を被うエンベロープの一部が変異しやすく、対応できる抗体を誘導することが困難なことから、現在のところ有効なワクチンは開発されていない。HCV(hepatitis C virus)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

C型肝炎ウイルスの関連キーワード老化にともなう消化器の病気と症状自己免疫性肝炎(AIH)薬害C型肝炎集団訴訟薬害C型肝炎九州訴訟フィブリノゲン製剤皮膚ポルフィリン症C型肝炎と薬害訴訟アルコール性肝障害非A非B(型)肝炎薬害C型肝炎問題妊娠中の健康管理薬害C型肝炎訴訟C型肝炎の主原因C型肝炎検査薬薬害肝炎救済法フィブリノゲンウインドウ期間医療機関の公表薬剤性肝障害抗ウイルス剤

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

C型肝炎ウイルスの関連情報