DHA(読み) でぃーえいちえー

毛髪用語集「DHA」の解説

DHA

ドコサヘキサエン酸」のイワシサバなど青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸のこと。血液凝固を防ぎ、流れをよくする作用がある。毛細血管から酸素栄養素を受け取って成長するの毛にとっても、DHAを摂ることで健康で丈夫な髪の成長を促進する働きがある。またコレステロールを下げる作用もあるため、頭皮や身体にもよい影響がある。

出典 抜け毛・薄毛対策サイト「ふさふさネット」毛髪用語集について 情報

デジタル大辞泉「DHA」の解説

ディー‐エッチ‐エー【DHA】[Department of Humanitarian Affairs]

Department of Humanitarian Affairs国連人道問題局飢餓、自然災害、戦争などによる緊急事態において、人道的支援を行うための国連事務局の一部局。1992年に設置され、1997年に廃止となったが、人道支援活動調整機能を強化したOCHA国連人道問題調整部)が新たに設立された。

ディー‐エッチ‐エー【DHA】[dehydroacetic acid]

dehydroacetic acidデヒドロ酢酸殺菌剤として用いる。

ディー‐エッチ‐エー【DHA】[docosahexaenoic acid]

docosahexaenoic acid》⇒ドコサヘキサエン酸

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「DHA」の解説

DHA【ディーエッチエー】

ドコサヘキサエン酸の略称。高度不飽和脂肪酸の一種で,マグロ,ブリ,サバ,サンマなどの水産物に含まれる。血栓を予防する物質で,脳の記憶学習中枢の構成物質でもある。脳細胞の活動を活性化させ,老人性認知症の予防や治療などに利用できるのではないかと注目されている。
→関連項目EPA魚油辻本満丸

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android