コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MK鋼 エムケーこうMK magnet steel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

MK鋼
エムケーこう
MK magnet steel

1932年三島徳七によって発明された析出硬化型磁石鋼。最初の成分はニッケル Ni25~27%,アルミニウム Al12~13%,残りが鉄 Feであったが,以後,銅 Cu,コバルト Co,チタン Tiなどの添加により改良され,種類が多くなっている。現在の成分範囲は Ni15~27%,Al8~13%,Co0~25%,Cu3~6%で,ほかに Ti,ニオブ Nbを添加したものがある。圧延鍛造はできないので,すべて鋳造品として製造する。保磁力 560~700エルステッド,残留磁束密度 5800~1万 3200ガウスで,永久磁石材料としてはフェライト磁石とともに世界で最も広く用いられ,アメリカではアルニコの商品名で呼ばれている。特殊な熱処理により製造された異方性 MK磁石 (Co23~24%,Ni14~15%,Al8~8.5%,Cu3~4%,Ti<1%) は保磁力 550~700エルステッド,残留磁束密度1万 5700ガウスに達する。電気計器,無線機器,電気工学関係で広く用いられている。別に MT鋼 (C1.5~3.0%,Al6~9%) も三島の発明で,これは焼入れ硬化型磁石鋼である (→磁性材料 ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

MK鋼【エムケーこう】

1931年三島徳七が発明した析出硬化型の強力磁石鋼。鋳造後600℃以上で焼き戻し,磁化する。KS鋼の倍(500エルステッド)もの保磁力を示し,近代磁石の発展史上貴重な成果となった。
→関連項目磁性材料

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エムケーこう【MK鋼 MK steel】

1931年三島徳七によって発明された強力な磁石鋼で,Ni≌28%,Al≌13%,残りFeである。この磁石鋼は近代磁石の発展史上の重要な発見であって,その保磁力は500エルステッド以上であり,それ以前のKS鋼のその値を一躍倍増したものである。この高い保磁力の発生機構は当時の磁性理論では理解できなかった。その後,KS鋼を基礎として合金の組成,鋳造方法および熱処理に関する技術的な開発が続けられ,Fe‐Co‐Ni‐Al‐Cu5元系の高性能合金磁石アルニコAlnicoの開発に至り,電磁機器の省エネルギー化,小型化,高性能化に大きく貢献した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

MK鋼
えむけーこう

1931年(昭和6)三島徳七によって発明された永久磁石合金につけられた名称。アルミニウム、ニッケルを鉄に加えた合金である。KS鋼が焼入れ型であるのに対して、MK鋼は、高温からの冷却、あるいは時効処理によってニッケル、アルミニウムの母相中に鉄が微粒子として析出させた析出型の永久磁石である。その後、コバルトの添加、磁界中での熱処理によって特性が向上された。1970年代に希土類‐コバルト磁石が発明されるまで、もっとも強力な磁石であった。MK鋼の由来は、三島の頭文字(かしらもじ)のMと彼の旧姓喜住(きずみ)の頭文字Kに基づいている。アメリカでは合金の元素記号を並べてアルニコAlnico合金とよんでいる。[本間基文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のMK鋼の言及

【永久磁石】より

…析出ではやはり内部ひずみが大きく発生することと,析出した微小な形状の磁性粒子が大きな磁気異方性を発生するために,保磁力が増す。これの代表的なものはMK鋼である。超格子の生成によるものは,鉄‐白金あるいはコバルト‐白金系で,保磁力が2万エルステッド前後と大きい。…

【特殊鋼】より

…(4)有名な通称をもつ鋼 (a)KS鋼 本多光太郎の発明したCo‐Cr‐Wを成分とする永久磁石鋼で,焼入れをして使う。住友吉左衛門の頭文字にちなんで命名,(b)MK鋼 三島徳七の発明したAl‐Ni‐Coを成分とする永久磁石鋼で,鋳造法で製造する。アメリカでは成分の名をとってアルニコ磁石と呼ばれる。…

※「MK鋼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

MK鋼の関連キーワード希土類コバルト磁石アルニコ合金三島 徳七本多光太郎日本科学史MK磁石鋼集合組織増本量鋳鋼

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android