コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユネスコエコパーク ユネスコエコパーク UNESCO ecopark

1件 の用語解説(ユネスコエコパークの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ユネスコ‐エコパーク(UNESCO ecopark)

ユネスコが認定する生物圏保存地域世界自然遺産が環境の保護を最優先とするのに対し、環境を保護しつつ、生態系と人間社会との調和を図ることに重点を置く。MAB(人間と生物圏計画)の一事業として1976年に始まる。BR(Biosphere Reserves)。エコパークは日本での通称。
[補説]国内のユネスコエコパーク(平成28年11月現在)
只見(福島)
志賀高原(群馬・長野)
南アルプス(山梨・長野・静岡)
白山(石川・岐阜・富山・福井)
大台ヶ原大峰山(奈良・三重)
(宮崎)
屋久島鹿児島

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユネスコエコパークの関連キーワードユネスコエコパークユネスコ条約生物圏保護区生物圏保護地域日本ジオパークユネスコ・エコパークユネスコスクールギネス世界記録ジオパーク(地質遺産自然公園)オオカバマダラの生物圏保護区

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ユネスコエコパークの関連情報