Vladimir/Владимир(読み)ウラジーミル

デジタル大辞泉の解説

ウラジーミル【Vladimir/Владимир】[地名]

ロシア連邦西部、ウラジーミル州の都市。同州の州都。首都モスクワの北東約190キロメートル、ボルガ川の支流クリャジマ川沿いに位置する。「黄金の環」と呼ばれるモスクワ北東近郊の観光都市の一つ。12世紀初頭、ウラジーミル=モノマフが要塞を築いたことに起源する。12世紀半ば、アンドレイ=ボゴリュープスキーがウラジーミルスーズダリ公国の首都とし、13世紀半ばにモンゴル帝国に侵略されるまで繁栄した。市街には黄金の門ウスペンスキー大聖堂ドミトリエフスキー聖堂など、白壁の建造物が残り、1992年に「ウラジーミルとスーズダリの白亜の建造物群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android