コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニジニーノブゴロド Nizhny Novgorod

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニジニーノブゴロド
Nizhny Novgorod

ロシア西部,ニジェゴロド州の州都。1932~90年はゴーリキー Gor'ky。モスクワの東約 420km,ボルガ川オカ川の合流点に位置する。年代記によると 1221年ウラジーミル公ユーリー・フセボロドビッチが建設。バルト海から中央アジアへの主要な交通路をなしていたボルガ川に臨み,モスクワ方面への連絡路をなしていたオカ川の流入点に位置していたため,戦略上の要地として重要となり,1392年モスクワ大公国領に入ると,東方のタタール人に対する前進拠点となった。16世紀半ばロシアがボルガ川流域を統合したのちは,交易中心地として発展。1817年から始まった市の見本市には,ロシア,アジア各地の商人が集まった。ボルガ川中流域の農産物加工の中心地として早くから各種の手工業が発展していたが,十月革命後は重工業関連の工場が多数立地,ソビエト連邦の大都市の一つとなった。機械 (自動車,航空機部品,モータ,クレーン,工作機械) ,造船,化学,木材加工,繊維,製紙,食品などの工業がある。ロバチェフスキー大学 (1918) をはじめ農業,医学,工学などの大学,美術館,多くの教育・文化施設がある。ボルガ河畔には美しい公園があり,16世紀建造のクレムリン (城砦) ,17世紀のアルハンゲリスキー大聖堂などが保存されている。交通の要地で,鉄道,ハイウェーが市から放射状に延びるとともに,河港からモスクワ,カザンボルゴグラードなどへ貨物船や快速客船が就航。空港もある。市周辺にはいくつかの衛星都市や住宅地があり,ニジニーノブゴロド大都市圏を形成している。旧市名ゴーリキーは 1868年市に生まれた文豪マクシム・ゴーリキーを記念したもの。また,数学者ニコライ・ロバチェフスキーの生地でもある。人口 125万615(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ニジニーノブゴロドの関連キーワードジェレズノドロジヌイミーニン=スホルークボルガ川沿岸丘陵モルドビア共和国ゴーリキー人造湖アリメチエフスクウラジーミル州マリエル共和国チェボクサルイウリヤーノフブルガーニンヨシカルオラゼルジンスクバラキレフアルザマスサランスクシャリヤールザエフカキーロフクレバキ

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニジニーノブゴロドの関連情報