コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『徒然草』 ツレヅレグサ

とっさの日本語便利帳の解説

『徒然草』

吉田兼好
つれづれなるままに、日くらし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。\(一三三一頃)

『徒然草』

吉田兼好作。鎌倉後期の随筆。一三一〇年代から一三三一年にかけて成立したとする説が有力も未詳著者随想見聞を、人生批評を感興の赴くままに自由に記す。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

『徒然草』の関連キーワードV. ゴレグリャド見ぬ世の人を友とす徒然草文段抄信濃前司行長西園寺実衡深井志道軒牛の角文字吉田兼好元良親王加藤盤斎ぼろぼろ平家琵琶山岡元隣十語五草平家物語北村季吟徒然草抄藤原時長白坂道子清水春流

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

『徒然草』の関連情報