『徒然草』(読み)ツレヅレグサ

とっさの日本語便利帳「『徒然草』」の解説

『徒然草』

吉田兼好
つれづれなるままに、日くらし、にむかひて、心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。\(一三三一頃)

『徒然草』

吉田兼好作。鎌倉後期の随筆。一三一〇年代から一三三一年にかけて成立したとするが有力も未詳著者随想見聞を、人生批評を感興の赴くままに自由に記す。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android