コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『徒然草』 ツレヅレグサ

2件 の用語解説(『徒然草』の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

『徒然草』

吉田兼好
つれづれなるままに、日くらし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。\(一三三一頃)

『徒然草』

吉田兼好作。鎌倉後期の随筆。一三一〇年代から一三三一年にかけて成立したとする説が有力も未詳。著者の随想、見聞を、人生批評を感興の赴くままに自由に記す。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

『徒然草』の関連キーワード吉田兼隆兼好徒然草卜部兼好徒然徒然草文段抄此れで吉田の兼好徒然草抄吉田兼連吉田兼治

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

『徒然草』の関連情報