コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『東海道中膝栗毛』 トウカイドウチュウヒザクリゲ

とっさの日本語便利帳の解説

『東海道中膝栗毛』

十返舎一九(じっぺんしゃいっく)作。滑稽本(江戸時代後期の笑いを主眼とした小説ジャンル)。享和二(一八〇二)年から文政五(一八二二)年にかけて刊行。別名『道中膝栗毛』。弥次郎兵衛、喜多八の二人連れが、失敗を繰り返しながら東海道を上り、伊勢神宮参拝を果たして、京都、大坂に到る道中記。続編では四国、中国に渡り、善光寺を経て江戸へ帰り着く。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

『東海道中膝栗毛』の関連キーワード富士松 加賀太夫(9代目)竹本 相生太夫(4代目)真夜中の弥次さん喜多さんやじきた道中 てれすこ『水戸黄門』シリーズ鶴沢 道八(2代目)袋井たまごふわふわ西洋道中膝栗毛東海道中膝栗毛水島 三一郎五右衛門風呂東海道名所記北八・喜多八十返舎一九仮名垣魯文木村 錦花とろろ汁木村錦花平田兼三安倍川餅