しこしこ(読み)シコシコ

デジタル大辞泉の解説

しこ‐しこ

[副](スル)
食べ物をかんだときの、弾力に富んで、歯ごたえがあるさま。「しこしこ(と)した歯触り」
持続的に地味な活動をするさま。「今でも小人数で読書会をしこしこ(と)続けている」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しこしこ

( 副 ) スル
弾力があって、かむと歯ごたえのあるさま。 「 -(と)した歯ざわり」
持続的に、地道にするさま。 「 -(と)書きためた原稿」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しこ‐しこ

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① ぬかるんでいるさまを表わす語。
※日葡辞書(1603‐04)「Xicoxico(シコシコ)〈訳〉副詞。場所がぬかるみであるさま、足がぬかるみにはまっているさま」
② むやみにするさま、ためらわずやたらに行なうさまを表わす語。
※太閤記(1625)一五「橘左近帰し合せ、大敵をしこしこうち候し」
③ 弾力があって、噛(か)むと歯ごたえのあるさまを表わす語。
※てんやわんや(1949)〈獅子文六〉桃源にて「竹棒のまま、横啣へにしてみると、シコシコした触りのうちに、なんともいへぬ、香ばしい味があった」
④ 持続的に、じみな活動をするさまを表わす語。
※にんげん動物園(1981)〈中島梓〉九七「毎日シコシコと編んでいる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しこしこの関連情報