コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しこしこ シコシコ

デジタル大辞泉の解説

しこ‐しこ

[副](スル)
食べ物をかんだときの、弾力に富んで、歯ごたえがあるさま。「しこしこ(と)した歯触り」
持続的に地味な活動をするさま。「今でも小人数で読書会をしこしこ(と)続けている」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しこしこ

( 副 ) スル
弾力があって、かむと歯ごたえのあるさま。 「 -(と)した歯ざわり」
持続的に、地道にするさま。 「 -(と)書きためた原稿」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

しこしこの関連キーワードちくわぶ小人数歯触り新粉原稿

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しこしこの関連情報