コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しゃる シャル

2件 の用語解説(しゃるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゃる[助動]

[助動]《尊敬の助動詞「せ」に尊敬の助動詞「らる」の付いた「せらる」の音変化。近世語》四段・ナ変動詞の未然形に付いて、尊敬の意を表す。なさる。→さしゃる
「かか様の死なしゃれぬ様にして下され」〈浄・阿波鳴渡
[補説]もと下二段型活用「しゃれ・しゃれ・○・○・しゃるれ・○」で、のちに四段型活用「しゃら・しゃり(しゃっ)・しゃる・しゃる・しゃれ・しゃい(しゃれ)」となる。「きさまの着物も、薄綿になっては夫限(それぎり)だと思はっしゃい」〈滑・浮世風呂・前〉のように上接する動詞語尾との間に促音が加わり、「っしゃる」となることもある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しゃる

( 助動 )
〔尊敬の助動詞「す」の未然形「せ」に尊敬の助動詞「らる」の付いた「せらる」の転。近世前期上方語で用いられ、のち江戸語でも用いられた。活用は、前期上方語では、四段活用型(しゃら、しゃり・しゃっ、しゃる、しゃる、しゃれ、しゃれ・しゃれい)と下二段活用型(しゃれ、しゃれ、しゃる、しゃる、しゃるれ、○)とが併用されたが、後期上方語および江戸語では四段活用型(しゃら、しゃり・しゃっ、しゃる、しゃる、しゃれ、しゃれ・しゃい)となった。なお、江戸語では連用形に「しっ」の形も用いられた〕
四段活用・ナ行変格活用の動詞の未然形に接続する。接続する動詞と「しゃる」との間に促音「っ」が加わることがある。動作の主体に対する尊敬の意を表す。お…になる。
下二段活用型の例。 「どうぞかか様の死なしゃれぬ様にして下され/浄瑠璃・夕霧阿波鳴渡 」 「碁など一番打ちたい。大夫様、打たしゃれませぬか/歌舞伎・浅間嶽」
四段活用型の例。 「読みましよ程に聞かしゃりませ/歌舞伎・好色伝授」 「まづゆるりと参らしゃれ/滑稽本・八笑人」 「親類衆の眼にとまる様にさしつたら、元の身の上にもならつしゃらう/洒落本・二筋道後篇廓の癖」 「御先祖さまを大切にして、出入の者に目をかけてやらしったから、身代はよくなる筈/滑稽本・浮世風呂 」 → さしゃる(助動)

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゃるの関連キーワードさしもさしゃるさせますしますしゃます召される有らせられるさしもうさしゃん・すしもう

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

しゃるの関連情報