コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちゃぶ台 ちゃぶだい

1件 の用語解説(ちゃぶ台の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちゃぶだい【ちゃぶ台】

4本脚の食事用座卓。ふつう方形または円形で,脚は折畳式のものが多い。卓袱台と書くように,卓袱(しつぽく)料理(卓袱)の食卓を日常生活に導入したもので,〈チャブ〉とは卓袱の原義であるテーブルクロスの意の中国音zhuō fúからきたものという。伝統的に銘々膳方式の食事をしていた日本人にとって,数人で一つの卓を囲み料理をとり分ける卓袱の食事形式はかなり特異で衝撃的なものであったが,やがてその利点を認識する階層も広くなり,日常的に身分差別を必要とせぬ家庭生活の中で使われるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ちゃぶ台の関連キーワード蚕箔導波管飯櫃身光打飯盤台枡形本鏡箱座卓分銅形土製品

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ちゃぶ台の関連情報